Effect of Foodトップ

HOME

キノコ・油類

アガリクス

アガリクスとは、1965年にブラジルで日本人が初めて栽培に成功したキノコで、学名は「アガリクス・ブラゼイ」で、ヒメマツタケ、カワリハラタケとも呼ばれています。現在は日本でも栽培が行なわれていて、まだ高価ですが入手しやすくなりました。もともとブラジルのピエターデ地方特産のキノコなのですが、この地方に生活習慣病の患者が少ないことからアメリカの研究者による調査が行なわれ、多様な有効成分が含まれていることが分かりました。その後、レーガン元大統領の皮膚がん手術後の治療にも使われて注目されていきました。

 

アガリクスの成分はタンパク質が約40%と、タンパク質の非常に多いキノコとなります。ほかにビタミンB2・D、マグネシウム、カリウム、リノール酸、リン脂質などが含まれているようです。また、キノコ特有の成分で抗腫瘍効果のあるβ-D-グルカンの含有量が多なっており、キノコの中でも最多といわれています。注目の、抗がん効果もほかのキノコよりも高く、からだの免疫力を高めることで、生活習慣病をはじめ自律神経失調症、月経不順、更年期障害、泌尿器系の疾患、アレルギーなど幅広い症状に有効という報告がなされています。生のままではキノコ自体の酵素によってくずれてしまって保存が出来ないとい う理由のため、乾燥品として市販されていることが多くなっています。乾燥品は水に浸し、そのまま弱火で煮て煎じ汁を飲みます。顆粒、錠剤、カプセルタイプの健康食品もありますが、キノコを料理に利用して全部を食べれば成分が無駄なく摂取できます。血中コレステロール値が高めの人や、健康を増進したい人におすすめです。

 

オリーブオイル

オリーブは地中海沿岸地方原産の植物で、果実を塩づけ食べるのが一般的です。果実は品種によって1個1gから15gぐらいのものまでがあって、未熟な果実はグリーンなのですが、熟すと黒くなります。オリーブオイルは生の果実や核を圧搾してつくったもので、ゴマ油と並んで世界最古の油といわれており、イタリア、スペイン、ギリシア、ポルトガルなどで古くから生産され、輸出されています。日本でも、ごく少量なのですが、地中梅と気候の似ている小豆島(香川県)で生産されています。品質の高い順に、エクストラバージン、バージン、ファイン、ピュアと呼称が定められています。日本で市販されているのは、エクストラバージンとピュア。有効成分の多いのはもちろんエクストラバージンの方となります。

 

オリープ油には不飽和脂肪酸であるオレイン酸が約80%と、ほかにスタワレン、リノール酸、パルミチン酸、ステアリン酸、リノレン酸などが含まれています。オレイン酸は、コレステロールの低下をはじめとして、動脈硬化や心臓病の予防、胃酸分泌を調整するなどの効果が認められています。また、ビタミンA・Eも豊富に含まれています。独特のクセのある香りが特徴の油ですが、サラダや生食用にも、揚げ物や炒め物などの加熱調理用にも、幅広く使うことができ、生食用には薄い緑色で香り高いエクストラバージンが、加熱調埋にはピュアが向いています。また、肌や髪に塗るとういう用法もあり、化粧品の原科としても利用されています。動脈硬化が気になる人や、心臓の機能を高めたい人におすすめです。

recommend

優良な葬儀社探しに是非ご利用ください。

葬儀や家族葬の事ならお葬式コンシェルへ

小動物から大型犬まで365日24時間対応で、ご自宅まで専門スタッフがご訪問します。

ペット火葬を東京でする

海外インターンシップをキャリアアップの視点からサポート!

アメリカ留学

B-BOYの憧れ一流ブランド、新作からSALE品まで!

ヒップホップ 通販

サバゲーファン必見の品揃え豊富な専門店!

エアガンなどのサバゲー装備を販売

2016/8/9 更新